なかなかマッチしないと思ったら…婚活ではどこを妥協してもいい?

婚活で妥協して良いポイント

婚活は高い理想を持ちすぎていると、どうしても結婚を逃してしまうことが多いです。

そこで、婚活で妥協した方が良いと思うポイントをご紹介します。

 

【1】長期化して結婚できないことも…

婚活で妥協なんてできないとお思いの女性もいることでしょう。

ですが、あれもこれもとこだわりや希望が多ければ多いほど、婚活が長期化しやすくなります。場合によっては、結婚を逃してしまう危険性だってあります。

どうしても妥協できない部分は追及するべきだと思いますが、今の理想から少しの妥協をすることで、今まで目に留まらなかった男性が結婚相手に急浮上してくるかもしれません。

 

【2】具体的に妥協できるポイントは?

結婚相手として妥協するとまずい点もありますが、中には「妥協をしても結婚してしまえばさして気になることではなかったな……」と思うことが出てきます。

ここでは、多くの人が妥協して問題なかったと感じていることをご紹介します。

(1)容姿

背が高くてハンサムな男性がいればそれに越したことはありませんが、そんなことは結婚してしまえばどうでもいいことです。

確かに、周りから旦那さんかっこいいねとか言われれば気分はいいかもしれませんが、それよりも性格のよさ、一緒にいて過ごしやすいかどうかです。

毎日を共にする夫婦ですから、自分がストレスなく過ごせる相手が理想的です。

(2)年齢

一般的には男性が年上で女性が年下というパターンが多いかと思いますが、結婚して一緒に生活する分には、年齢はそんなに気にならない人がほとんどだろうと思います。

実際一緒に生活をしていく中で、ご主人の方が年上だからという理由で敬語で喋ったり、必要以上に気を使う奥さんはいませんし、要はその人の性格なのだと思います。

夫が年上でも妻の尻に敷かれる人もいますし、夫が年下でも亭主関白な場合もあります。20も30も年の離れているケースは子どもを作る際の問題や早くに立たれる寂しさなどがあるため考えものですが、年齢はそこまでこだわらなくていいポイントだと思います。

(3)トキメキがない、一番好きな相手じゃない

トキメキがないとまず恋愛をスタートできないと考える女性も少なくないでしょう。ですが残念なことに、結婚してしまえば早かれ遅かれトキメキはなくなるのです。

心理学的にも男女は何年も一緒にいれば冷めるという見解があります。夫婦はそのとき恋愛関係ではなく、家族になるのです。

ですから、好きで好きでたまらない相手より、一緒にいて安心できたり、心地よい相手を見つけるのがいいかと思います。

婚活で妥協して良いポイント

 

【3】まとめ

今回紹介したのは多くの人が妥協できるポイントですが、人によっては「自分に稼ぎがあるから、正直相手に収入がなくてもうまくやっていける」など様々な状況があることでしょう。もっとよく分析すればさらにストライクゾーンが広がるかもしれませんね。

女性が男性を選んでいるように、男性も女性を選んでいます。ですから、実際のところ同じレベルの男女がカップルになるのは当然の現象です。

今婚活しているのに、なかなか彼氏ができないと思っている人は、少し背伸びし過ぎている可能性が高いかもしれません。

(Shano編集部)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る