霜月はるかが第一子男児の出産を報告「3409gのビッグな男の子」

今年6月に結婚と妊娠を報告していた霜月はるかさん。20日、自身のブログで第一子の男児を出産したことを報告しました。

 

【1】ヘビーなお産

19日に3409gの男児を出産したという霜月さん。陣痛開始から24時間かけて出産するというなかなかヘビーなお産だったそう。

ですが、母子ともに元気で、問題なく出産できた様子です。

「これからたくさんの初めてを、家族で大切に大切に過ごしていきたいと思います」と思いを綴りました。

 

【2】ようやくベビつきんに会えた!

出産の翌日、「ベビつきん、やっと会えた〜」と喜びをあらわにする霜月さん。生まれた直後h戦いの果てで、半ば放心状態だったそう。

ですが、1日経過して喜びと感動と愛おしい気持ちで胸いっぱいになりました。霜月さんの誕生日は11月15日。

出産とは4日ずれましたが、「この上ない誕生日プレゼントです」と喜びを示しています。

 

【3】まとめ

誕生日の数日後に生まれるというのは素敵ですね。まるで神様からの贈り物のよう。

今後は退院したら忙しい日々だとは思うものの、子育てのことも発信していくという霜月さん。愛息がすくすくと育っていく様子を見るのが楽しみですね。

(Aoki/ライター)

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

LG(B)Tの男子(23)。ゲイよりのデミセクシャルだが、女性としか付き合ったことがない。自分がバイであることに気づいたのは、大学生になってから。女性も、トランスジェンダーや中性・無性の人にしか興味が向かないことに気がついた。当時かなり悩んだため、当事者たちが生きやすい社会になるよう、Shanoでの執筆を志望した。普段は、IT系の企業でマーケティングと営業を専門としている技術者。性的趣向が完全に女性なため、好みと欲求の食い違いに日々悩んでいる。