浜崎あゆみ×松浦勝人…元カレの内山麿我が交際に関する本に興味アリ

浜崎あゆみさん(40)の元カレである内山麿我さん(35)が、エイベックスの松浦勝人会長(54)と交際していたことについて書かれている本について興味を示しています。

 

【1】浜崎あゆみさんと付き合っていたこともある内山麿我

内山さんといえば、浜崎さんの熱愛が2012年に発覚し、その後、些細な喧嘩で破局しています。

しかし、彼は浜崎さんと別れたことで、ダンス業界を干されることを感じたという告白を2014年にしています。

その危機から、歌手へと切り替えたのだとか。

一方で、メディア各所では、別れネタを所々で出すため、「浜崎あゆみとの恋愛ネタで食いつなぐ男」という言われ方もしています。

 

【2】浜崎あゆみの交際に関する本が出版され…

そんな中で、浜崎さんと、松浦さんの交際に関する告白本、『M 愛すべき人がいて』(小松成美著、幻冬舎)が販売され、内山さんにも連絡が来たとか。

1日にアップしたブログによると、「激アツっすね!」など、よく分からない『LINE』がひっきりなしに来ていていて、なんだと思いきや、書籍が出ることを知ったようです。

内山さんは、「素直に興味あるな」「買おうかな」と話しています。

M 愛すべき人がいて / 小松成美 【本】

価格:1,512円
(2019/8/1 20:18時点)

 

【3】まとめ

内山さんは、浜崎さんのことを忘れられないのでしょうか。

いつまでもネタにしているとなると、浜崎さんへの並々ならぬ興味を感じますよね。

また、食いつなぐネタになってしまったら……。

(Aoki/ライター)

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

LG(B)Tの男子(23)。ゲイよりのデミセクシャルだが、女性としか付き合ったことがない。自分がバイであることに気づいたのは、大学生になってから。女性も、トランスジェンダーや中性・無性の人にしか興味が向かないことに気がついた。当時かなり悩んだため、当事者たちが生きやすい社会になるよう、Shanoでの執筆を志望した。普段は、IT系の企業でマーケティングと営業を専門としている技術者。性的趣向が完全に女性なため、好みと欲求の食い違いに日々悩んでいる。