結婚前に同棲するメリットは男性の方が多いかも…経験に基づき男女別に解説

結婚をする前に、生活イメージを掴んだり、相性を確認したりするために同棲をすることがあるでしょう。

男女別に同棲することのメリットをご紹介します。

 

【1】同棲願望が強いのはどちらかというと男性?

結婚する前にお試し期間と称して、同棲をしてみたいというカップルは多いでしょう。

特に私の経験からすると、男性の方が同棲希望している人が多いと思います。同棲することによってのメリット・デメリットはなんでしょうか。

気軽に始める方も多いと思いますが、その前にしっかり将来のことを考えてよく話し合った方がいいかもしれませんね。

自身の経験などから同棲することへのメリット・デメリットをお伝えします。少しでも参考になれば幸いです。

 

【2】男女別…同棲でのメリット

同棲のメリット・デメリットを紹介したものは多いですが、男女別に見たものはあまりありませんよね。

今回はあえて、男女別にメリットをご紹介します。

(1)男性側のメリット

はっきり言えば、同棲は男性側にメリットが多いと言えます。

なぜならまだ結婚していないからと言い、家賃も光熱費も大体の人が彼女と半々にすることでしょう。

「結婚している」という責任もなく、彼女は家事をしてくれてお金も出してくれる。その延長線上に結婚があります。

そこから生活になにも変わりはしないのに、同棲した後には重い結婚だけがのしかかってくるのです。

同棲生活に慣れてしまえば、結婚に踏み切れなくなる男性が多くなってくるのもよくわかりますね。

(2)女性側のメリット

私の友人にもいますが、もちろん同棲してそこから結婚したという人もいます。

確かに同棲は、結婚する前に相手を品定めすることができるというメリットもあります。

付き合っているだけでは相手のいいところしか見えない、というのはありますからね。思った以上に潔癖症だった、もしくはその逆だとか。食生活が合わないだとか。ギャンブル癖があるとか。

同棲によってそれが分かるので、とんでもない男性だったらすぐにわかってめでたしめでたしですね。

私の友人はなんとなく、ずるずる同棲するのが嫌だからといいて、相手に期間をしっかり決めさせていました。たとえば「1年経ったら結婚しようね」とか約束するんです。

最初にそう決めておくことによって、彼氏の方も覚悟を決めれるという場合もあります。

 

【3】まとめ

結局同棲しないほうがいいのか?という話ですが、私は相手によるとしかいえません。もちろん同棲してしっかり先のことを考える男性もいますからね。

ただ、ずるずる何年も同棲して先延ばしにしない方ががいいのは確かです。人生の伴侶を選ぶのに慎重になるのは、当然のことです。

しかし人間には時間が限られていますから、仕事も結婚も子供もしっかり計画するのも、追い求めているよりよい人生を送るために必要不可欠なことなのではないでしょうか。

(Shano編集部)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る