9月14日はバレンタインに次ぐ恋愛イベント! 男女どっちも関係アリ

結婚直前のカップルのバレンタインの注意点

3月14日のホワイトデーからちょうど半年である9月14日。

この日が恋愛イベントであることを知っている人は少ないのではないでしょうか。男女ともに関係している今日というイベントの日についてご説明します。

 

【1】その①:メンズバレンタインデーとは?

9月14日は、男性から女性に下着を送って愛を告白する日。1991年に、日本のボディファッション協会が作ったイベントです。

付き合ってもいない男性から下着を送られる……と考えたらゾッとしますよね。さすがに無理難題なように思います。

しかし、制定された理由というのが、「バレンタインが女性から男性へ告白する日」「ホワイトデーもバレンタインのお返しであったりと、男性が積極的に動くイベントではない」ということで、逆に男性が女性に愛を伝える日があっても良いんじゃないかというものだそうです。それにしても、下着まで送るのは流石にしんどいですし、セクハラ問題が……。

そういうものを送っても大丈夫な安定した間柄のカップル・ご夫婦は、「今日はメンズバレンタインデーなんだよ」と教えながら、愛を改めて伝えてみてはいかがでしょうか。ただし、同じサイズでも微妙に形で合う合わないが生じたりと、難しい部分があるので、一緒に買いに行くのがオススメです。

愛を言葉にされたい女性にとっても、理想の下着を着てほしい男性にとっても嬉しい日になるかもしれません。今日を逃してしまった人は、翌日が日曜日なので、明日がチャンスかもしれませんね!

 

【2】その②:女性主体のセプテンバーバレンタインデーとは?

こちらは、ホワイトデーからちょうど半年ということで作られたイベント。女性から別れを切り出す……という悲しい日です。

これは、1982年まで放送されていた「パック・イン・ミュージック」(TBS系)がスタートだったのだとか。こちらも日本だけの記念日です。

ちなみに、別れ話のやり方にもルールがあるそうで、以下を守る必要があります。

  • 紫色のものを着用
  • 白いマニキュアを塗る
  • 緑のペンで書いた別れの旨を記載した手紙を直接渡す

なんだか、とっても儀式めいていますね……。

 

【3】まとめ

バレンタインから発展した「こじつけイベント」というのは、実に多いです。

例えば、ホワイトデーの1ヶ月後にあたる4月14日にある「オレンジデー」というイベントは、恋人だけでなく友人などの親しい開いたがらへも、オレンジ色のアイテムを送り合う日です。

イベント好きなら嬉しいけれど、そうしょっちゅう記念日ばかりだと辛い人も多いかも……。マンネリ打破や対策には良いかもしれませんね!

気になる人は楽しんでみてください。

(Amy/ライター)

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

小学館にてプロライターとして記事を執筆をしている戸籍上女子。ライター歴は10年以上で恋愛記事の専門家。脳科学や心理学、生物学の視点から恋愛を解説することを得意としている。また、アセクシャル+FtX(無性)でありながら、LG(B)TQの彼氏を持っているため、セクシャルマイノリティに関心がある。