大浦龍宇一・ゆりえ夫妻「離婚を前提とした別居」報道に言及

俳優の大浦龍宇一さん(50)と、シンガー・ソングライターのゆりえさん(29)の離婚に関する報道に、夫婦が言及しています。

 

【1】夫妻離婚の危機?

11日、大浦さんとゆりえさんが、それぞれのブログを更新。金銭問題などで意見が対立し、現在は別居中であると話していました。

これを受けて、メディアでは離婚の危機などが報じされ、3ヶ月半で破局となったと騒がれていました。

世間の間でも、「え、思春期の息子くんとの関係は気になってたけど、そこ……?」「もう離婚するの」とショックの声が上がっていました。

また、22歳差というとこもあり、「年の差婚って何かと難しいんかね……」と心配する声もありました。

 

【2】謝罪とともに事実を言及

しかし、19日にそれぞれのブログで夫妻は「私達夫婦のことで大変お騒がせ致しましたこと、心からお詫び申し上げます」と謝罪。

「私達は夫婦として、これからも同じ道を一緒に、共に力を合わせ歩んで参ります」とメディアで騒がれていた離婚を否定した。離婚お前提とした別居では無いとのことです。

離婚が誤報で良かったですね。

 

【3】まとめ

別居してしまったとなると、その後の関係が不安になってしまいますよね。

しかし、一緒に道を歩んでいくという宣言を改めて夫妻が行ったため、安心できる人は多そうです。

これからも、素敵な夫婦生活を送られることを願っています。

(Aoki/ライター)

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

LG(B)Tの男子(23)。ゲイよりのデミセクシャルだが、女性としか付き合ったことがない。自分がバイであることに気づいたのは、大学生になってから。女性も、トランスジェンダーや中性・無性の人にしか興味が向かないことに気がついた。当時かなり悩んだため、当事者たちが生きやすい社会になるよう、Shanoでの執筆を志望した。普段は、IT系の企業でマーケティングと営業を専門としている技術者。性的趣向が完全に女性なため、好みと欲求の食い違いに日々悩んでいる。