木村有希、高校1年の夏の恋愛は?これまでの恋愛遍歴もヤバイ

ゆきぽよという愛称で呼ばれる木村有希さんが、自身の恋愛について、19日に『モデルプレスナイトⅡ』(ひかりTV)で語っています。

 

【1】一夏の恋…高校の淡い思い出は?

この時期の恋愛は、「一夏の恋」が盛んに。恋愛ホルモンが高まることで、夏は恋をしたい気持ちになり、熱しやすく冷めやすい恋愛をしがちですよね。

木村さんも、海での出会いは多かったそうです。その1つのエピソードとして語られたのは16歳の時の話。

「地元の先輩と『海行こうぜ』ってなって、家の近くのコンビニで車でかっこよく迎えに来てくれた」という青春話を披露してくれます。

木村さんは、この時、運転手から降りて来た姿が格好良くて一目惚れ。

しかし、2つ年下の中学2年生の女性に浮気をされて、その先輩とは別れてしまったようです。

 

【2】ゆきぽよは過去の恋愛もヤバイ

木村さんは、2018年の9月6日にも、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、恋愛に関する話がされていました。

木村さん曰く、刺激を求めて、悪いにおいのする男性を好きになってしまうのだそうです。

当時、これまで5人とお付き合いしていたようですが、マネージャーから、そのうち4人は刑務所暮らしであることが語られていました。

その理由は全て詐欺。もう一人は「浮気をするどうしようもないクソ野郎」だったと言います。

今回出て来た彼が、そのクソ野郎なのでしょうか。

 

【3】まとめ

どうしても、悪い男を好きになってしまう女性はいますよね。

幸せな恋愛ができることを願っています。

(Aoki/ライター)

記事を拡散する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

LG(B)Tの男子(23)。ゲイよりのデミセクシャルだが、女性としか付き合ったことがない。自分がバイであることに気づいたのは、大学生になってから。女性も、トランスジェンダーや中性・無性の人にしか興味が向かないことに気がついた。当時かなり悩んだため、当事者たちが生きやすい社会になるよう、Shanoでの執筆を志望した。普段は、IT系の企業でマーケティングと営業を専門としている技術者。性的趣向が完全に女性なため、好みと欲求の食い違いに日々悩んでいる。