時代によっては死罪? 浮気と不倫の歴史を徹底調査

いつの時代も恋愛において問題視されている浮気と浮気。

浮気した方はその後をフォローすればいいと軽く考える傾向にある一方で、浮気された方は一生引きずってしまいますよね。

人によっては、罰せられてしまえばいいのに……と思う人もいそうです。

実際に、時代によっては重罰扱いだったみたいですね。

そこで、今回は浮気と不倫の歴史をご紹介いたします。

 

【1】男性の方が多い浮気

女性は「寂しい」と感じたときに浮気や不倫をしてしまう人が多いですよね。

一方で、男性は本能からしてしまう傾向にあります。

多くの遺伝子を残すための戦略であり、そのために浮気脳の男性も一定数いると言われているのです。

この浮気が人を進化させてきたという「浮気人類進化論」も存在するほどです。

そこで、浮気と不倫の歴史を辿って行くことにしましょう。

 

【2】浮気人類進化論ってなに? 

この論は、動物行動学研究家の竹内久美子氏が提唱しているものです。

彼女は、知能の発達が戦いだけであるならば、女性の知能発達しなかったはずだという考えに基づいています。

このことについて、狩猟時代に遡って考えていきましょう。

(1)本能で子孫を残す男性

男性は本能的に多くの子孫を残そうとすることが言われています。

女性の子を成せる数は決まっているので、それならば多くの女性を妊娠させた方が効率的ですよね。

そのため、男性は狩猟時代に、狩りの間により多くの自分の子孫を残すために、浮気や不倫を試みたと考えられています。

(2)対策を練る女性

一方、女性は男性に守られていないと子育てがままなりません。

そのため、確実に安全な環境を提供してくれる男性を求めていました。

それに必要となるのは、夫に不倫させないための監視能力です。

そこで、女性たちは夫の不倫を防ぐのと、悪い男に引っかかってしまうことを防ぐために、女性同士で情報交換を行うようになりました。

おしゃべり好きな女性が多いのも、こうした背景が関わっていそうですよね。

(3)浮気や不倫を見抜くための察する能力

また、男性の浮気を見抜く力を身につけるために、女性が察する能力を養ったとも考えられています。

浮気や不倫を見抜くには、男性の行動変化や表情を読み取る必要がありますよね。

そのため、女性は勘が鋭く、人の気持ちを察することが得意になったと言われているのです。

一方で男性はこうしたことに鈍いので、自分が察することができるからといって「察してよ」というのは酷かもしれませんね。

固定ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る