浮気性の男性にイラッ…どうして一人の女性で満足できないの?

男女が浮気をする理由

歳をとれば落ち着く人がいる一方で、いくつになっても浮気性が治らない男性がいます。

なぜ一人の女性へ想いを寄せることができないのでしょうか。科学的に言われていることを解説します。

 

【1】生物学的に! 女性が浮気をする理由

男女の生物として与えられた役割から、浮気をしてしまう理由を探ることができます。

例えば、男性は自分の子どもを作るという役割、女性は妊娠して子どもを安全に産み育てるという役割があります。(※多くの生物はほとんど女性が育てますが、人間は社会的生き物であり、男性も積極的に育児参入をしますので、女性が子どもを育てるべきという趣旨の内容ではありません)

そのため、例えば女性なら、より安全に子どもを産むために優れた男性を選ぶ傾向があるのだとか。これが浮気につながってくることもあります。では、男性の場合には……?

☆男女どちらの方が浮気が多いのか気になる方は、合わせてこちらの記事もチェック!

 

【2】では男性の場合には?

男性はどのような本能・心理によって浮気してしまうのでしょうか。

(1)子孫を残したい本能

男性は自分の子孫を残したい本能があり、子孫を残せることが自分が優れている証明だと考える傾向にあります。そのため、男性社会は競争の中にあるのです。

子孫を残しやすい特徴に当てはまる、若い女性につい目移りする浮気性の男性は、本能に忠実なタイプなのでしょう。対策として、ジムに通ったり、女性ホルモンが促進されると言われていることに挑戦してみるのが良いかも?

(2)気軽な気持ちで恋愛をする

子孫を残したいという本能があるため、女性ほど選り好みせず「好かれてるならとりあえず付き合ってみようかな」「そろそろ恋愛したいから、クラスの可愛い子と付き合えたらいいな」など、気軽な気持ちで恋愛をします。

そのため、交際中であっても、他の女性に目移りしたり、同時並行で交際したいと望んでしまうことがあります。

男性は周りに自慢できるような“よりいい女性”を手に入れようとする本能があるため、自分が良い女性になることを目指すことが浮気対策につながるかもしれません。

(3)恋愛に非日常を求めている

全ての男性がそうというわけではありませんが、浮気性の男性は恋愛に“非日常”を求めています。

これはあくまで私の考察になりますが、女性は婚姻関係によって子育てを確実なものとしますが、男性は生物的に言えば、多くの子孫を残せなくなる制約が加わり、結婚のメリットが少ないために、“日常”をあまり強く意識しないからではないからだと思われます。(※男性が結婚する理由は多くの研究者が研究しているほど、不思議なこととされています)

そのため、マンネリや女性の全てを知り尽くして“非日常”ではなく“日常”的な日々を過ごすようになると、“非日常”を求めて浮気してしまいます。

浮気性の男性と付き合うと、辛い思いをしてしまうことが多いでしょう。一度でも浮気をする人は治らないことが大半だと言われているため、すっぱりと別れてしまうのも選択ですが、好きで付き合い続けたいと思うなら、女性側からできるアプローチをしてみるのも手かもしれませんね。

 

【3】まとめ

男女の浮気の心理がわかれば、浮気対策を取りやすいかもしれませんね。

辛い思いをしない恋愛ができますことを願っています。

(杉本レイ/ライター)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る